ヤマトチャンネル

蕎麦屋に関係ないことばかり

*

これから音楽はストリーミングの時代がくるらしいよ!

      2015/07/04

applemusic
ヤマトチャンネル初回のテーマは「音楽ストリーミングサービスについて」です。

詳しい方には、そんなこともう知ってるよってネタかも知れませんが、自分なりにお勉強してみました。

パソコンをはじめ、IT系ネタにはめっぽう弱い大和の店主とおかみさん(やばいおこられちゃう)にもわかるようにがんばって説明するよ。

みなさん、音楽って普段どのように聞いていますか?

私を含め、多くの方は、①CDショップでレンタルしたり、②PCや携帯端末でダウンロードしたりして楽しんでいるかと思います。

しかし、これからは③ストリーミングサービスで音楽を楽しむという選択肢が増えて、今後の音楽サービスの主流になっていくかもしれないんだそうです。

 

ストリーミングサービスってなんですの?

でも、「音楽ストリーミングサービス」って何それ?って感じですよね。調べたところ、簡単にまとめると以下のようなものでした。

  • 契約期間中、サービス提供会社の契約しているレーベルの音楽を、スマホやPCからインターネット経由で無制限に聴ける。
  • 例えば、iphoneでおなじみアップルの定額音楽サービス「Apple Music」では月額980円(公式発表ではないですが)で3000万曲以上が利用できるらしい。
  • 日本国内ではAWA(avex)、LINE MUSIC(LINE)のサービスが始まっており、今は150万曲とアップルに比べたらだいぶ少ないが、邦楽を中心に2015年内に500万曲対応予定。

もっと詳しく知りたい人はココみて下さい。

要するに、現在の「特定の楽曲を購入(手元に音楽が残る)」に対してストリーミングは「最新曲を含め用意されている楽曲の中から好きな曲を聴く(手元には残らない)」という事みたいです。

音楽を聴く事に限れば、USENに少し近いですよね。常にナウでヤングなトップチューンを聴けるわけですから、CDやダウンロードの売り上げが極端に減る事になる事は間違いないでしょう。

だけど、気を付けなければいけないのは、お目当てのアーティストがいるかどうかですよね。

今はトップチャートをアイドル勢が占めていることでもわかる通り、CDなどのパッケージメディアには、ユーザーのニーズがあるので、いまだにiTunesなどのデジタル販売すら拒否するメーカーも存在する中でどこまで浸透するのか気になります。

ただですね、個人的にはLINEMusicにはすごく興味があって、最初はスロースタートでも若者を中心に爆発的に人気がでる予感がするんです。

LINEでプレイリストを交換しあったり、お気に入りの曲をプレゼントし合ったりとか、みんな好きそうじゃないですか。

もちろん各社色々な機能があるみたいですが、SNSと音楽のコラボする点に大きな可能性を秘めていると感じています。

 

通信料が気になるところ

実際に利用したわけではないので何とも言えないけれど、「ストリーミング=常時オンライン再生」が基本なので、Wi-Fi接続環境化の自宅等ではよいけれど、出先でスマホ等を使う場合の通信料やバッテリー消費が気になります。

また、僕の場合は、電車や車での移動中に聞く事がメインなので、電波の通じない地下鉄や、車のオーディオへの接続方法なども模索中。

今後、ネット等で情報が出てくると思うのでウォッチしたいと思います。

無料お試し期間もあるみたい

先述の大手3社のサービスはどれも1か月~3か月のお試し期間があるみたいです。本格的にサービスが始まったら一度使ってみてまたお知らせしたいと思います。

 

 - 音楽